悩める会社員に刺さる話
あなたの”これから”のヒントに・・・
その他

「におい」について

夏の出勤時の不快さ

車通勤の方は感じられることは先ずないと思いますが、電車通勤、特に夏の満員電車でのの通勤はとても憂鬱な気分になります。

夏の暑い時期、最寄り駅まで行くまでに既に汗が噴き出している状況です。そのまま満員電車に乗ると、周りの方も汗をかいた状態で乗ってくるので、自分の汗と他人の汗とがワイシャツで交じり合い、何とも言えないジトっとした感触が肌にくっつきます。

満員電車は逃げ道が無いので、これはもう地獄です・・・ひたすら次の駅まで耐えるしかありませんからね。

今は柔軟剤も様々な種類が出ているので、汗をかいても速乾性のあるものや汗を香りに変えてくれるものなどがあります。これらを使うことで、汗臭さはある程度防げますが、いずれにしても気分の良い時期ではありません。

汗臭さを防ぐ工夫

そしてこの「汗臭さ」についてですが、自分でも感じることがあります。そんな時は、会社についてからデオドラントシートで首元や胸のあたり、背中の上部を拭いたり、着ているワイシャツに衣類用の消臭スプレーを掛けることで解消できます。

多くの企業が6月~10月くらいまでクールビズを推奨しているため、この期間はネクタイを締めなくても良く、男性会社員にとってはとても良い制度だと思います。首元が開いているだけで、暑さも全然違いますしね。

会社では空調が効いているので、それほど暑さは感じられませんが、パソコンから熱を発しているのでモワっとした場所も一部あります。その場合は卓上の扇風機を使って風を身体に当てて涼んでいる方もいます。私は常に机の卓上扇風機をオンにしていました。

暑いのは大の苦手で、常に机の中にはフェイスシートとボディーシートを常備し、フェイスシートを使って2時間置き位に顔と首周りを拭いていました。

飲み会の前にシャワー?

これは私が前職で経験した話です。

夏に入ると各部署で『暑気払い』という会が催されました。これは、

「夏は暑いけど、みんなで一致団結して乗り切ろう!」

を目的とした、まあただの飲み会です。

この飲み会は、基本は部署内で行うのですが、本部部署の場合は担当役員を呼ぶのが習わしになっていました。そして誘われることを待っているような、そんな節も役員にはありました。声を掛けると、まんざらでもないような感じの方が多かったんですね。

役員も同席するので当然にそれなりの店を予約し、部屋を下見したうえで各々が座る席を考えて当日を迎えるわけですが、この準備が、面倒くさいんですね・・・。

開始時間に遅れることは絶対に許されないため、当日は皆さん早めに仕事を切り上げて各々が会場に向かいますが、私は役員をお店まで案内兼ご一緒する役回りが多く、時間を見計らって声を掛けるようにしていました。

その役員の方は、当日16時くらいになると役員室から必ずいなくなります。予定が入っていれば別ですが、あえてその時間帯は予定を入れていないような感じでした。どこに行っているのかな?と私はソワソワしていましたが、1時間くらいすると戻ってくるんですね。

後で分かったんですが、その役員は会社が入っているビルの上層階にあるスポーツクラブにシャワーを浴びに行っていたそうです。そのスポーツクラブは、エグゼクティブの方を対象にしたクラブで、入会するだけで何十万円とするんですが、その役員はクラブのメンバーであったため、飲み会がある度にシャワーを浴びて参加していたんですね。

上場企業の役員としての身だしなみなだと思いますが、お洒落な役員でした。その役員は、その会社の代表取締役であったことも付け加えておきます。

「におい」がハラスメントに

『スメルハラスメント』という言葉があります。

ネットで調べると、

においにより周囲を不快にさせる嫌がらせのこと

とあります。

自分では良かれと思っている香水が、周りの職員にとっては不快に感じるということが間々あります。そしてこれは、女性よりも男性社員に多いような気もします。

女性がつける香水というのは、ホンノリと香るものが多いですが、男性のそれはまるで「動物かよ?」と思わせるようなものもあるんですね。ムスク系とか、そんな香りのものはキツイんですよね。

そして香水を付ける男性は若い方に多いようですが、ハラスメントレベルの場合は、周りの方が注意してあげるしかありません。本人は自覚していませんから。

私も一度ありましたが、大学を卒業して入社した金融機関で、髪をセットしていくのにムースを使っていました。決まらない日などはいつも以上にムースを付けていましたが、ある日のこと、課長に「整髪料のにおいがキツイよ」と言われてしまいました。

自分では全く気付かず、そしてすごい恥ずかしい思いをしましたが、考えてみれば注意してもらえなければそのままお客様のところに行ってしまうわけですし、お客様にも不快な思いをさせてしまっていたなと思います。

その時は恥ずかしい思いでいっぱいでしが、今ではとても感謝しています。そして、過度のにおい付けは、他人を不快にさせるということを知り、それからは整髪料を選ぶ際にも気を付けるようにし、汗をかいた時などは可能な限り市販のシートなどで拭き取るように心掛けています。

あなたはスメルハラスメント、していませんか?もし、ドキッとした方がいれば、今一度ご自分の「におい」について、見直してみてください。

それではっ。

会社員の様々な『悩み』に一筋の光が差す?!

25年の会社員生活を送り、独立した筆者が送る、会社員の道しるべ。

自身も会社員として様々な悩みを経験してきたからこその、説得力ある?指南書です。

あなたの悩みに、この1記事。